2011年10月15日

「自治新報」第2号主要記事の紹介

昭和57年7月号「自治新報」第2号主要記事の紹介

@世界一の桜列島をめざせ

 東京都からアメリカワシントン州ポトマック河畔に桜が送られて、2012年には100周年という記念すべき年を迎える。
 このワシントン州ポトマック河畔の桜は、第27代アメリカ大統領タフト氏の誕生を記念して、大統領の奥様に送られたものだが、現在では年間100万人以上の観光客でにぎわい日米親善の役割を果たしている。
 桜がとりもつ縁で親善外交を展開することは、世界平和にも貢献することになり、是非とも沖縄に平和のシンボルとして、世界一の桜の列島づくりをしたいとの思いを記述したものである。
 それとあわせて世界一の緑花の列島として、世界一のオアシスとして、世界の交流拠点として発展することこそが、求められている。

A沖縄経済界に活躍した女傑金城カネ女史の紹介

 沖縄県の戦後復興に、多大な貢献をした沖縄財界四天王といわれた國場幸太郎氏(國場組社長)、宮城仁四郎氏(琉球セメント社長)、具志堅宗精氏(オリオンビール社長)、大城鎌吉氏(大城組社長)の四氏がおられたが、沖縄県の女傑といわれているのが、金城商事社長の金城カネ女史である。
 当時で年商50億円という総合食糧卸問屋に発展させた。その奇跡を追うインタビューシリーズ第1弾である。

Bハワイ州の下院議員財務委員長・喜屋武氏へのインタビュー

Cハワイ州運輸局長の東恩納氏のインタビュー

D稲嶺一郎先生と東恩納対談を掲載

Eインドネシアへのいざない

F昭和58年度地方財政の運営について、自治事務次官通達

G地方団体の定年条例制定状況―自治省
 約1割が制定、府県はゼロ、定年年齢はすべて原則60歳

Hわが町の新しい特産物(農産加工)

I全国51市の業務別職員定数診断結果
 全体で10から20パーセントの減員が可能

J市町村の職員研修で研究報告―自治大学校取り組みにバラツキ目立つ

K沖縄県本島33市町村の概況を収録

posted by 万国津梁 at 16:49| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 自治新報関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。