2012年01月28日

復帰以降の沖縄経済と自立発展に向けての展望その13 経済の自立化に向けた発想の転換を ゲーミング産業の導入で国際観光都市へ




復帰以降の沖縄経済と自立発展に向けての展望その13

「経済の自立化に向けた発想の転換を

ゲーミング産業の導入で国際観光都市へ」


 司会 ゲーミング事業導入をめぐる国内の動きについてお話を頂きたい。


 國場代表幹事 沖縄県が平成
15年4月に発表した「エンターテイメント事業可能性調査報告書」によりますと、全国的に各地方自治体において様々なカジノ構想があり、同報告書にはその各地方自治体のゲーミングをめぐる動向が記されています。


同報告書から、全国のゲーミングの動きとして代表的なものを抜粋し、各地方自治体の動向をみてみることに致します。


1つには、全国的にみられるカジノ構想導入の動きであります。ゲーミング導入に関する取り組みは全国各地で見られます。

「エンターテイメント事業可能性調査報告書」では、最も積極的にグー三ンク構想を推し進めているのは東京都であり、その他、知事・行政を中心にゲーミング合法化・導入に対して積極的な発言をしている都道府県としては、静岡県、大阪府、宮崎県が挙げられると報告しております。

また、地元産業界を中心にゲーミング誘致が盛り上がっている地域としては、秋田県雄和市(秋田空港)、長野県大町市(東洋紡大町工場跡地)、石川県珠洲市、愛知県常滑市(中部国際空港)、香川県坂出市(瀬戸大橋・与島)、大分県別府市を挙げています。


2つには、ゲーミング導入に向けた最近の動きであります。東京都及び地方自治体によるカジノ研究会の活動としては、東京都は
200111月に「東京都観光産業振興プラン」を発表しましたが、今後5年間で旅行客を倍増(277万人から600万人へ)する目標を掲げており、その具体的施策の1つに「新たな観光資源の創出」としてゲーミング等の新たな観光資源の開発を挙げています。


地方自治体によるカジノ研究会は、
2004年3月に研究報告書を発表し、発展的に解消しましたが、同年8月には「地方自治体カジノ協議会」を設置し、日本における望ましいカジノ像や法整備の促進について研究をすすめています。


日本カジノ創設サミットにつきましては、
2003年8月30日石川県珠洲市において「第1回日本カジノ創設サミット」が開催され、山形県、静岡県、大阪府、徳島県、沖縄県などカジノで地域振興を図ろうと活動している1府8県から9団体が参加し、政府に早期に特別法を制定するよう求める共同宣言を採択しています。

このサミットの目的は、ゲーミング導入において必須であります特別法の制定に関する要望書を内閣総理大臣に提出し、また各団体の団結を図ることであり、
2004年9月には、「第2回日本カジノ創設サミット」が開催され、参加した各地方公共団体がそれぞれの構想を発表しました。


以上のように、各地で団結した各種活動が行われるなど、グーミング導入に向けた動きが活発化してきています。これらの活動は、ゲーミング導入に賛同する都道府県及び経済団体に対し、広く呼びかけを行い、実施されているものでありますが、このような活動に対し、沖縄県側からは経済団体の参加はあるものの、沖縄県としての参加は今のとこうみられません。


かつて、沖縄はゲーミング導入におけるフロントランナーでありました。他都道府県の見方もその認識が強く、ゲーミング構想における設置場所として、沖縄は有力視されていました。しかし、現在ゲーミング構想に対し沖縄側の意向がはっきりしないなど、消極的な姿勢が指摘されており、県民のコンセンサスが得られていないとの見方もされています。


各都道府県が積極的に動く中、国の異体的な動きも出てきていることから、沖縄側が考える「沖縄型ゲーミングのイメージ」及びその効果を早急にはっきりとした形で打ち出し、示す必要があります。そして、県民のコンセンサスを得て、沖縄県全体が団結し、積極的に活動を始動させていなければ、手遅れになりかねないという段階にきているのであります。


新たな財源の確保による各種振興の大きなチャンスをみすみす逃すことになってしまう前に、今このときに沖縄全体で考え、始動を促す意味でも「沖縄型ゲーミング」の誘致を提案しているのです。


〔鰹t夏秋冬社発行 月刊「自治新報」
20051月新春号〕



posted by 万国津梁 at 05:46| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 月刊「自治新報」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248902404
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。